HOME > 検査・治療のご案内

検査・治療のご案内

| 診療科目 | 検査について | 検査の流れ | 受診・検査費用 | 治療について | お問い合わせ |

診療科目

呼吸器科・内科

検査について

簡易検査(在宅スクリーニング検査)

睡眠中の呼吸状態について調べる検査です。ご自宅で検査を行います。検査装置は小型で、操作も簡単です。簡易検査の後に、さらに詳しい睡眠・呼吸の検査が必要な場合には、クリニックに宿泊してPSG検査を行う必要があります。

※この図は説明用で、実際には本体は上腕に付けることが一般的です。

※簡易検査は本体を腕に固定して、指先と鼻にセンサーを付けて寝る簡単なものです。


入院検査(PSG検査)

ポリソムノグラフィー(PSG)は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の確定診断に必須です。

簡易診断の項目に加え、脳波、筋電図、眼球の動き等を測定することで、睡眠の深さ(睡眠段階)、睡眠の分断化や覚醒反応の有無、睡眠の構造、睡眠効率などが算出できます。


検査の流れ

お問い合わせ・ご相談
お電話にてご希望の診療日をご予約ください。
電話番号092-400-2007
初診
現在の状況など詳しくお知らせください。
ご自宅にて簡易検査(在宅スクリーニング検査)
簡便に検査が出来、患者さんにお渡しして、ご自宅で装着・検査を行います。
また、より詳しく睡眠状態について調べるために入院検査(PSG検査)を行う場合もあります。
入院検査(PSG検査)
入院検査は、一泊二日の睡眠検査となります。
寝心地の良いベッドでお休みいただき、一晩中患者さまの睡眠状態をチェックいたします。
終了

検査結果については、お電話にてご連絡後、来院していただきます。

受診・検査費用  ※おおよその目安です。検査内容によっては費用が異なります

初診時

初診では、診察と心電図、採血などの基本的な検査が標準になります。 睡眠時呼吸障害が疑われる場合には、自宅での簡易モニター(携帯モニター)を行ってもらうことが標準的です。

その場合の料金は 3割負担で、約3,900円

一泊PSG検査

睡眠時無呼吸症候群などの正確な診断には終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG検査)が必要です。 PSG検査にはクリニック内に一泊する必要があります。

一泊PSG検査料金  3割負担で、約10,600円

その他、施設使用料(1,500〜2,000円)をお願いしています。(シーツ、タオル、寝衣などのクリーニング代、歯ブラシなどを含む)
他に、必要に応じて採血検査などを追加する場合があります。

治療について

治療方法

生活習慣の改善

肥満が原因となっているいびき・睡眠時無呼吸の場合には体重の減量が効果的です。食事改善・運動などが勧められます。お酒、タバコなどの制限も大切です。お酒はノドの緊張を緩め、いびき・無呼吸を悪化させます。睡眠薬の種類によっては、同じように筋緊張を緩め、症状を悪化させることもあります。寝るときの体位も影響します。横向き・うつ伏せ体位で寝るといびきは軽くなることがあります。高い枕では頸が曲がり、ノドが圧迫されやすいので、低い枕がいびき・無呼吸の改善には適しています。鼻閉も症状を悪化させるので、鼻茸・鼻炎などの治療も大切です。

 

CPAP(シーパップ)

鼻にマスクを装着して、喉に空気を送り込む方法で、最も確実な治療法といわれています。

 

口腔内装具

PMA(下顎前進)TRD(舌前進)就寝時に歯に装具をつけ、喉がふさがらないようにします。

 

外科的手術

UPPP/アデノイド・扁桃肥大除去手術/気管切開切除手術により気道を広げます。

 

薬物療法

薬のより、症状の改善を図ります。

 

お問い合わせ

電話番号092-400-2007

お電話の受付時間:
火曜日・木曜日 10:00〜13:00、15:00〜20:30
金曜日 15:00〜20:30
土曜日 10:00〜15:00